下層
  • Top >
  • 遺産相続用語集

遺産相続用語集

あ行
遺言 自分の死後に財産分与等の意思表示を一定の方式で行う事。
遺産分割 複数の相続人が存在する場合、相続人間で相続を分配する事。
遺贈 遺言により、財産を他人にわたす事。
遺留分 法律上相続を受ける人間が遺産を受け取る権利。
権利を持つ者は、被相続人の直系尊属、直系卑属また配偶者。
姻族 本人や血族の婚姻により繋がっている人。
か行
換価分割 遺産を売り払った上でその金銭を分ける事。
共有分割 各々の相続人の持分を共同で所有して分割剃る方法の事。
寄与分 遺産相続の際、相続人が被相続人に労務提供・財産給付・療養看護などにより特別に寄与した場合に、付加される相続分。
血族 血縁によってつながっている人々。
養子縁組によって生まれた親族も含む。
限定承認 相続によって受け継いだ債務が、相続で得る財産よりも多いときに相続によって得る財産の限度内で弁済する、という留保付承認。
現物分割 産そのものを現物で分ける方法の事。相続人に相続相当通り分けるのは困難なので、他の相続人には金銭で支払う調整をする。
公正証書 法令に倣って公証人が私権に関する事実について作成した証書の事。
公文書として強い証拠力をもつ。
香典 香のかわりに死者の霊前に供える金銭。香料。
さ行
債務控除 各相続人に発生した財産の金額から、被相続人の債務や葬式費用をさしひいて相続税を計算する事。
死因贈与 贈与者の死亡によって効力が生まれる、生前の財産の贈与契約の事。
失踪宣告 人が一定期間生死不明の状態が続く場合に、 利害関係人の請求によって
この者を死亡したものとみなす宣告の事。
指定分割 遺言のより分割方法が決められているか、または分割方法を決めることを
第三者に依頼することが決められている場合の事 。
受遺者 遺言により遺贈を受けることが指定されている者。
親族 民法で、六親等内の血族と配偶者、三親等内の姻族の事。
相続 ある人が死亡した時、死者が生前にもっていた財産に関する一 切の権利義務を他の者が包括的に承継する事。
相続税 相続や遺贈・死因贈与で取得した財産にかかる国税の事。
相続放棄 相続開始した後に、相続人が相続拒否の意思を示す事。相続開始を
知った後三か月以内に家庭裁判所に申述しなければならない。
贈与 贈与者がある財産を無償で自己の財産を相手方に与える意思を示し、
相手方の受諾によって成立する契約の事。
尊属 ある人を基準として、親族関係において先の世代にある血族。 父母・祖父母などの直系尊属とおじ・おばなどの傍系尊属に分ける。。
た行
代襲相続 相続人である子または兄弟姉妹が,死亡等により相続開始以前に相続権
を失ったときに、孫が子の相続権を引き継ぐ事。
代償分割 相続遺産を相続人の間で分割せず、特定の相続人が特定の遺産を分けてもらい、その者の財産を他の相続人に与える事。
単純相続 被相続人の権利義務を無条件で承継する方法の事。
弔慰金 死者をとむらい、弔慰の気持ちを示すために贈る金銭。
直系 血筋が親子関係によって一直線につながっている系統の事。
特別失踪 船の沈没・飛行機の墜落などにより生死不明になった場合に宣告される事。
その危難が去って1年で失踪宣告をうける。
な行
二次相続 その夫が亡くなったときのことを1次相続、妻が亡くなったときのことを
2次相続と言います。
任意後見 判断能力がある間に、将来判断不能になったときに備え生活面、
療養看護及び財産管理に関する事務を委託する制度の事。
は行
配偶者の
税額軽減
自賠責保険会社に賠償金を、被害者が請求すること。
被相続人 事故車両を修理しても、外観や機能に欠陥が残ったり、事故歴があることから評価が下がってしまうこと。
卑属 外傷後ストレス障害であり、特徴的な精神障害のこと。
秘密証書遺言 器物の損害による事故や傷害を警察に伝えていない場合の事故の種類のこと。
普通失踪 任意保険の契約内容で選べるものであり、被害者が使用できる保険になります。正当な賠償金額を請求するために、弁護士にかかる費用を保険会社が支払うもの。また、弁護士特約を利用しても、保険料が上がったり、事故履歴としてカウントはされ
物納 租税などを金銭の代わりに物で納める事。
傍系 直系から分かれ出た系統。
ま行
みなし相続財産 本来は相続財産でないないが、人の死亡を原因として相続人のが取得した財産の事。死亡保険金・死亡退職金等がある。
名義預金 預金の口座名義が配偶者や子などであるが、実質的にはそれらの親族に名義を借りているに過ぎない被相続人の預金の事。
ら行
暦年課税制度 贈与税で従来の課税方式は暦年課税制度と呼ばれる。この制度は、基礎控除を利用して110万円までは非課税で申告することなく受贈することができます。
この金額を超えると10%から50%の税負担をしなければなりません。
ただし、「夫婦の間で居住用の不動産や、居住用の不動産を取得するための金銭を贈与したときに配偶者控除を受ける場合」、「父母等から住宅取得資金等の贈与を受けたときの特例を受ける場合」などの場合は110万円を超える贈与
でも非課税になります。また、法定相続人となることが見込まれる人が贈与を受ける場合は、2003年以降、この制度に加え、相続時清算課税も選択できるようになった。
BBS
よく頂くご相談・ご質問