下層
  • Top >
  • よくある質問

よくある質問

QA1
誰かが死亡すると、個人差はありますが、必ず財産が残ります。もちろん財産は現金や預金、不動産などプラスのものばかりでなく、借金などマイナスのものも含まれます。
遺言書を書いていれば別ですが、遺言書がない場合は、一般的に配偶者・子供が相続人となります。 配偶者や子供がいない場合は、両親、また次に兄弟姉妹が相続する事になります。
QA2
基本的に預金は亡くなった人本人の財産であり、誰も自由に引き出せる事はできません。よって口座は凍結されます。
しかし、亡くなった本人から財産を相続した旨の書類を提出し受理されますとその財産を引き出す事が可能のなります。
QA3
最近は核家族化が進み、近い親族との付き合い自体が少なくなり、その亡くなった人の財産がわからない場合が多いです。 その場合は、自宅のタンスやデスクなどから全ての書類や通帳を探し出す必要があります。 わからない場合は専門家にご相談下さい。
QA4
相続税は、財産を相続した人に支払いの義務が生じますが、税金のかからない金額(基礎控除額)が設定されていますので、必ず支払わなければいけない、というものではありません。
QA5
相続が発生して3ヶ月以内に相続放棄の手続きを行えば、相続せずにすみます。 相続は預金や不動産のようにプラスのものばかりでなく、借入金などマイナスの相続もございますので、そのような手続をおこなう人も存在するのです。
QA6
養子をとったり、毎年計画的に贈与をすれば安くする事は可能です。他にも方法はたくさんございますので専門家にご相談下さい。
QA7
被相続人などが亡くなられた際、被相続人本人、また関係者の戸籍を取り寄せる必要があります。
ただ、誰でも取れるわけではなく、戸籍の構成員や直系親族であれば簡単に取り寄せられます。
BBS
よく頂くご相談・ご質問